元保険会社社員が明かす得する自動車保険選び

「1日自動車保険を比較・検討してみました 」の分析

このページでは、各社の1日自動車保険「1日自動車保険を比較・検討してみました 」の特徴について説明します。

一括見積もりで自動車保険を平均25,000円安くする!

このページでは、各社の1日自動車保険「1日自動車保険を比較・検討してみました 」の特徴について説明します。

1日自動車保険の取扱保険会社

1日単位で契約できる「1日自動車保険」は、現段階では東京海上日動三井住友海上で取り扱っています。
現段階では2社のみの取り扱いですが、今後取り扱う保険会社は増えていくでしょう。

両社の1日保険自動車保険ですが、対象となる車種や被保険者についての条件は、ほぼ同じです。
関連記事 最近流行りの1日自動車保険の上手な使い方

このページでは、両社の特徴について説明します。

東京海上日動「ちょいのり保険」

携帯からもスマホからも加入できる

「ちょいのり保険」は、スマホからだけではなく、携帯電話(ガラケー)からも加入できます(docomo、SoftBank、au)。スマホを持っていない方でも安心ですね(私も持っていません…)。

保険料も携帯電話の料金と一緒に支払えるので、お手軽です。

選べる2つのプラン

「ちょいのり保険」には2つのプランがあり、「借用自動車の復旧費用補償特約」(借りている車に対する補償)の有無を選べます。

補償内容・サービスは次の通りです。
(1)対人賠償保険:無制限
(2)対物賠償保険:無制限
(3)搭乗者傷害特約(一時金払):1000万円(一時金10万円)
(4)借用自動車の復旧費用補償特約:300万円(免責15万円)
(5)ロードアシスト
(6)事故現場アシスト(事故の際のアドバイス、初期対応、24時間以内の状況報告)

ロードアシストの内容は次の通りです。

ロードアシスト 詳細
車両搬送サービス 1回の事故につき15万円限度
※保険会社に事前承認を得た修理工場までは、無制限で補償
付帯サービス 緊急時応急対応サービス
燃料切れ時ガソリン配達サービス
おクルマ故障相談サービス

ロードアシストが付帯されていると、万が一の時も心強いですね。
借りている車の補償に関しては、車の持ち主の方にも相談して、補償の有無を決めると良いでしょう。
(保険料や保険詳細については東京海上日動社のHPをご確認ください)

三井住友海上「1DAY保険」

コンビニから加入できる1日自動車保険

「1DAY保険」は、スマホ(docomo、SoftBank、au)からだけでなく、コンビニの店頭端末からの加入もできます。

取り扱っているコンビニは、セブンイレブンです。
スマホを持っていないくても加入できるので、ガラケー派にはありがたいことですね。

選べるプランは3つ

「1DAY保険」は、補償内容によってA・B・Cの3つのプランがあります。
補償内容は次の通りです。

  プランA プランB プランC
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
対物超過費用特約 50万円
自損事故傷害保険 死亡:1500万
後遺障害:50~2000万
入通院5日未満:5000円
入通院5日以上:5~50万円
搭乗者傷害特約(入通院2区分) 入通院5日未満1万円 / 5日以上10万円
搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害) 1000万円
車両復旧費用保険 300万円限度
車内手荷物等特約 10万円限度

Aプランは借りている車に対する補償なし、Bプランは借りている車に対する補償あり、Cプランは借りている車の補償に加え、車内にある動産(カメラ等)も補償されます。

必要に応じてプランを選べるのがいいですね(保険料や保険詳細については三井住友社のHPをご確認ください)。

割引が色々!

■2回目割引
1DAY保険の契約が2回目以降の場合、保険料が割り引かれます。

■2人目割引
同じ借用自動車に対して、最大4名まで運転者を設定でき、さらに2人目以降の保険料が割り引かれます。
同じ自動車を、数人で交代で運転する予定の場合にオススメです。

■自動車保険新規加入時割引
1DAY保険に加入していた方が車を所有し、三井住友海上の自動車保険に加入する場合、新規加入時の保険料が割り引かれます。

割引対象となるには、過去3年以内に1DAY保険を5回以上契約し、全ての契約が無事故であることが条件です。
契約回数によって、割引率も異なります。

1日自動車保険を分析してみて思ったこと

両社の保険とも、補償内容についてはほぼ同程度の内容でした。
加入方法や、ロードサービスの有無等でご自身にあった保険に加入するのが良さそうです。

最後に1つ豆知識を。
「個人賠償責任保険に加入しているので、借りた車に対する補償は必要ない」と思っている方もいるかもしれません。
しかし個人賠償責任保険では、借りたものに対する損害は補償の対象になりません。
つまり、借りた車を傷つけてしまっても、個人賠償責任保険では補償されないのです。ご注意してくださいね。

筆者プロフィール 春美

保険会社にて商品開発業務の仕事をしてきました。結婚を機にいったん退職しますが、その後も自動車保険のコールセンターで勤務。
現在は子育て主婦をしながら、そのときの経験・知識をもとに皆さんに役立つ自動車保険サイトを作っています。
詳しい自己紹介はこちら

[重要] 一括見積もりで安くて良い自動車保険を探す!

私が保険会社で勤務していた頃からダイレクト自動車保険が増えてきて、同じ自動車保険でも保険会社によって料金が大きな違いが見られるようになってきました。ある人にはソニー損保社では安くても、別の方ではセゾン社のほうが安いということもよくあります。

損をしない自動車保険選びのためにも、検討のときは必ず各社の料金を比較しましょう。私もおすすめしている保険スクエアbangでは、最大20社の自動車保険を無料でまとめて見積もりすることが可能です。

自動車保険を上手に節約している方はこのような一括見積もりサービスを活用している方が多いですね。

【一括見積もりできる自動車保険の一覧】

保険会社名 会社の規模・特徴
ソニー損保 評価の高いネット系保険会社
セゾン自動車火災保険 30~40代が特に安い中堅保険会社
チューリッヒ損保 外資系中堅保険会社
SBI損保 低価格路線のネット専業保険会社
あいおいニッセイ同和損保 国内の大手保険会社
AIU保険 外資系保険会社。代理店力に強み。
損保ジャパン日本興亜 国内の大手保険会社。価格は高め。
東京海上日動火災保険 国内の大手保険会社。価格は高め。
共栄火災損害保険 国内の中堅保険会社。価格は高め。
アクサダイレクト 外資系の保険会社。ロードサービスが充実。
三井ダイレクト損保 中堅の保険会社。価格は安い。
イーデザイン損保 東京海上グループのネット専業保険会社
セコム損保 ややマニアックな保険会社
そんぽ24 中堅の保険会社
三井住友海上火災保険 国内の大手保険会社。価格は高め。
ゼネラリ損保 ややマニアックな外資系保険会社
富士火災保険 国内の中堅保険会社。価格は高め。
朝日火災損害保険 国内の中堅保険会社。価格は高め。